株式会社マイホームデザイン

お気軽にお問い合わせください 0120−710−146 資料請求・お問い合わせはこちら

中古一戸建て+リノベーション

ご購入いただいた中古一戸建てを、最新技術により耐震性・省エネ性・快適性・健康性などを一挙に高めながら、
現代的なデザイン、ライフスタイルに合わせ、リーズナブルなコストで再生。スケルトンリノベーションでは、
生かせるものを無駄なく活用するため、経済的でエコ、高性能で理想の住まいを実現します。

  • 仮設・解体
  • 耐震工事
  • 断熱工事
  • 木工事
  • 建具工事
  • 給排水設備工事
  • 電気工事
  • 左官・塗装・タイル工事
  • 家具工事
  • STEP1 ご相談
  • STEP2 インスペクション(建物診断)
  • STEP3 調査報告
  • STEP4 リノベ提案(設計プラン・概算費用)
  • STEP5 建物申し込み
  • STEP6 本設計
  • STEP7 ご契約

中古住宅を購入し、理想の住まいに変える場合、水回りの改修や内装工事など、最小限のリフォームでも意外に費用がかかります。リノベーションならば住まいの性能向上だけでなく、間取りを一新するなど、ライフスタイルに合わせた空間につくり変えることができます。市街地などの好立地にある中古住宅をリノベーションすれば、資産価値向上にもつながります。

中古一戸建てを購入する場合中古一戸建てを購入する場合
中古一戸建てを購入する場合

※記載の内容は一例です。物件や施工内容等により変動する場合がございます。
※記載の費用は当社基準によるものです。

「リノベーション」と「リフォーム」って、どう違うの?

近頃よく耳にする「リノベーション」。「リフォーム」と一体どこが違うのでしょうか? 一般的に「リノベーション」とは、住まいの性能向上を施して、間取りを変更するなど、資産価値を高める改修工事のことを指します。一方「リフォーム」は老朽化した箇所を修繕し、壁紙などを張り替えるなどの表層的な工事を施すことと捉えられています。

1.耐震性能アップ

スケルトンリノベーションは、構造体のみを残してゼロからプランニング。耐震補強や断熱補強を行う場合でも通常のリフォームと比較し、費用や手間を削減することができます。また、どの場所を補強すべきか、現状のままでよいかなど、住まいの問題点を「視える化」することで合理的・経済的な補強も可能となります。当社で耐震補強を行う場合は、予めインスペクション(住宅診断)にて耐震診断を行い、耐震等級3(建築基準法のおよそ1.5倍)をクリアするべく、必要に応じて基礎の補強・接合部の補強・壁の補強・腐朽箇所対策を行い、安全性を実現します。

2.断熱性能アップ

断熱補強を行う場合も、インスペクション(住宅診断)を行います。診断結果に基づき、断熱ボードや高性能グラスウールを使い、床下・天井・壁の断熱補強を行う外断熱、窓の断熱などで断熱性能を高める内断熱を組み合わせ、省エネはもちろん、ヒートショックのリスク軽減や防音性を図り、安全で快適な住まいを実現します。

3.資産価値アップ

国内では空き家率が年々増加し、18%の空き家率となっています。(平成30年住宅・土地統計調査結果/総務省統計局)
2016年からは、自治体が有害だと判断した空き家については、通常の6倍もの固定資産税の支払いを命じられる「空家等対策特別措置法」が執行されています。間取りや設備を全面的に一新できるスケルトンリノベーションは、資産価値アップにつながり、将来の資産形成にもお役立て頂けます。

No03

築38年の中古住宅を購入してヨーロピアンで明るく暖かみのある住まいへ
築38年の中古住宅を購入してヨーロピアンで明るく暖かみのある住まいへ

奥様の趣味が反映され、階段手すりのアイアンを使用、ヨーロピアンなイメージで別空間になり、キッチンも全面オープン、明るく暖かくが実現しました、ご夫婦の為のLDKが見事に仕上がりました。

No02

築35年の中古住宅を購入し明るく開放的な住まいへ
築35年の中古住宅を購入し明るく開放的な住まいへ

なんといってもオープン階段と吹き抜けがマッチしています。 圧倒的な日差しと明るさがLDKを最高の空間に仕上げます。 床材と廻りのコントラストも安定感があり、いつまでも居たい場所です。

No01

築40年以上の中古住宅を購入し子どもたちにも安心な暖かみのある住まいに再生
築40年以上の中古住宅を購入し子どもたちにも安心な暖かみのある住まいに再生

LDKから階段の動線が子供の行動を見える化ができ、家事をしながらの全体を見晴らす目線は安心感があります。LDKの床は無垢材を使用しているためあったかさ、全体の色使いも優しい感じを醸し出しています。